天下一品

久しぶりに、「天一」のラーメンが食べたくなりました。
京都で学生時代を過ごした人なら、一度は体験している味です。
学生時代は
「天一(テンイチ)、行かへんか?」
「おう、ええな。行こか!」
と、真冬でも夜中に自転車に二人乗りして食べに行ってました。

20年ぶりに、北白川の本店に行ってみると、昔とは感じが違いました。
f0140720_1544972.jpg

f0140720_15445960.jpg

ちょっと、今風にこぎれいになっていました。
昔は、カップルならともかく女性だけでは入りにくいイメージがありました。
しかし、カウンター、テーブルの配置は基本的に同じ。

さて、注文したのはチャーシュー麺、スープはもちろん「こってり」。
f0140720_15484365.jpg

ここのチャーシュー麺は、叉焼で麺が見えないくらい入ってます。
スープがこってりしている割には、叉焼が薄くやわらかく美味しいのです。
f0140720_15504893.jpg

濃厚なスープで、透明感のあるスープとは対極にあります。
しかし、見た目よりは、ずっと食べやすい味です。
食べ終わると、丼に
「明日もお待ちしています。」と書いてあるのは、昔と変わらず。
f0140720_15591935.jpg


青春時代に戻ったような、美味しいラーメンでした。

この「天下一品」、チェーン展開していますが、フランチャイズの店は不味い店が多いです。
三重県にもあったのですが、学生時代に食べた「天下一品」の味とは程遠いものでした。
20数年ぶりに本店に行ってみましたが、やはり美味しかったです。
[PR]

by express-vavi1208 | 2011-06-16 15:58 | 美味しいもの