地味ですが・・・・

昨年オープンして以来、たまに行く日本料理「のざき」さんで
珍しいものを見せていただきました。
f0140720_23575672.jpg

「水塩」です。
水塩というのは、塩を卵殻と混ぜ合わせてから煮て、塩に付着している灰汁を取り除いたものだそうです。
今は塩の精製技術が進んで、ほとんど灰汁も無いので、わざわざ水塩を作る料理屋も少なくなったそうですが・・・・というより最近の若い板前さんには「水塩」を知らない人もいます・・・・「のざき」さんでは敢えて手間のかかる水塩を使用しています。
少し、手の平にとって舐めてみると、確かに普通の塩水とは違い、ほのかに甘い味がします。
こういう手抜きの無いところが、この店を気に入っている理由です。
[PR]

by express-vavi1208 | 2012-03-08 00:07 | 美味しいもの