未だ紅葉せず・・・・

未だ、少し早かったようです。
西日本でも有数の紅葉の名所も、未だ青かったです。
f0140720_11234214.jpg

もう二週間もすれば、全山赤や黄色に染まるのでしょうが、
その頃には人がいっぱいで気軽に行くことは出来ません。
f0140720_11254325.jpg

                                      D300+AFS18-200mmVR
画像を追加します。
これで、ヒントになります。
f0140720_21162127.jpg

さらに、このヒントで決定的!
f0140720_21173159.jpg

[PR]

by express-vavi1208 | 2009-10-29 11:27 | 小さな旅

木の家具展

津駅前のアスト津の「ギャラリーアスト」で友人が作る、木の家具の展示会が行われています。
f0140720_23341321.jpg
f0140720_23343062.jpg

最近は雑誌などにも、よく取り上げられる家具作家です。
彼は津市郊外の、経ヶ峰山麓の工房で、一つ一つ時間をかけて、丁寧に仕上ています。
私も以前から欲しい机が一つあるのですが、値段が・・・・・
いいものは高いのです・・・・・
しかし、時に応じて様々な表情を見せてくれる本物の木で出来た家具の魅力に誘われます。
f0140720_23423670.jpg

今回は、比較的求めやすい木で出来た皿、額縁なども展示されています。
f0140720_23442358.jpg


油田陽一朗 木の家具展
2009.10.13~18 時間は10:00~18:00(ただし、最終日18日は16:00まで)
「ギャラリーアスト1」にて (津駅前アスト津1階ショッピングモール内)

彼の工房は、私も時々遊びに行きます。
f0140720_23494859.jpg

[PR]

by express-vavi1208 | 2009-10-15 23:50 |

だったらあげちゃえよ

今日と明日は、「津祭り」です。
昔の津祭のような賑わいはありませんが、
最近は「ヨサコイ」人気で訪れる人もまた増えてきているようです。

そんな「ヨサコイ」の中で異色なのが、タイトルの「だったらあげちぇえよ」。
いわゆるヨサコイっぽいところがない。
「ヨサコイ」というと、長い法被にマンボウズボンみたいな格好・・・・
どこか暴走族みたいな印象しかない人もいるだろうが、この「だったら~」は違う。
どこかユーモラスで、激しい舞には違いないが可笑し味を感じる。
ミュージカルのような・・・・といえば、俗っぽいか?

今年は魔法使いと悪魔の戦いの中にみんなに元気と希望をあげてしまえ、というのがテーマかな?
f0140720_21362259.jpg

f0140720_21395293.jpg

その中にうちの近所の三姉妹?がいた。
f0140720_2146277.jpg

f0140720_21533985.jpg

f0140720_2146516.jpg

f0140720_21471331.jpg

他のチームに比べると、動きが激しい!
昨年と同様、鉄道撮影で鍛えた動態撮影の勘と技が通用しない!
このチームに比べたら、他のチームの撮影は屁の河童だと感じた。
f0140720_2331147.jpg

f0140720_2333916.jpg

f0140720_234179.jpg

f0140720_2352188.jpg

f0140720_2552874.jpg

f0140720_23454100.jpg


本当に、動きが激しい!
ちょっとくらい静止してくれよ!と何度思ったことか・・・・・

このチームは、昨年は「安濃津ヨサコイ」の大賞を受賞した覇者です。
今年もファイナルに残りましたが、惜しくも2年連続の大賞とはならず、3位でした。
最後まで残った上位3チームは、さすがに甲乙つけがたく、
また暴走族のような不良っぽい風俗は全く感じられず、好印象でした。
しかし、このチームが参加チームの中で独創性、かわいさ、ストーリー性は群を抜いていました。
1位、2位のチームに比べると、若干迫力に欠けたのと、
津という地域性を強調していなかったことが敗因であると、私は分析しているのですが・・・・

「ヨサコイ」の原則の鳴子を持っていないように見えますが・・・・・
実は、手に持っている星の形の魔法の杖が鳴子になっています。
[PR]

by express-vavi1208 | 2009-10-10 21:50 |

お昼ご飯

三重県南部の紀伊長島方面に出かけた時のお昼ご飯・・・・・
これまでに、いくつかの店をアップして来ましたが、またまた・・・・

紀伊長島と言えば、定番の国道42号荷坂峠を下り、
片上地区、道の駅「マンボウ」の向かい側にある「丸正」。
海鮮フライ定食。
かなり大きい車海老、イカ、ホタテ、サンマ、玉葱、しし唐のフライ。
車海老は大きく食べ応えがあります!
ホタテは?
紀伊長島で、どうしてホタテなのか?
不味くはないが、もう一工夫が必要ですね。
値段も高め、これで1800円はないですよ。
f0140720_1531156.jpg

以前はもっと繊細な感覚がありました。
大阪で修行して来た板前さんがいたはず・・・・今もいるのでしょうか?
何だか、有名になってしまってお客が増えた分、目が行き届いてない感じがします。
全体に、パートのおばちゃんが作った料理という雰囲気ですな。

国道42号をもう少し尾鷲方面に走り、古里海岸の「秀」。
ここは、値段の割に新線な魚が食べられ、またボリュームもある店。
当ブログでは、2回目の登場です。
「刺身定食」
刺身はカンパチ、鯛、カツオ。それに魚のフライが付いて1000円。
刺身をもう少し豪快に切って欲しいところ・・・・ま、1000円ならいいか?
f0140720_1593592.jpg

問題は、これが出て来た時に、見ての通り山葵が付いてなかった。
それを言うと、店の人が丸めた山葵を手で持って来て、刺身の横に乗せた。
これはアカンやろ!
小さな皿(杯でもいいから)に入れて持って来るのが常識でしょう!
手で丸めながら、持って来る馬鹿な店はちょっとないよ!

これで、せっかくの「秀」の評価は急降下してしまいました。

う~ん、やっぱりあの辺りで一番いいのは、海山の船津の「かい鮮屋」ということになってしまうのかな?
[PR]

by express-vavi1208 | 2009-10-03 02:06 | グルメ