<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

晩春

峠を一つ越えて、山里へ行って来ました。
f0140720_273887.jpg

町中の桜が終わっても、少し山に入ればヤマザクラが咲いています。
f0140720_201557.jpg

f0140720_204249.jpg

谷川の水も少し温んできています。
f0140720_242919.jpg

もう、まもなく始まる鮮やかな新緑の季節の準備は着々と進んでいるようです。
f0140720_255564.jpg

わずか1時間ほどでしたが、気持ちが晴れやかになれた、小さな旅でした。
                                     LUMIX GF1で
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-25 02:08 | 小さな旅

わがままな注文

急用で京都に出かけた。
お昼を中途半端な時間に、
スーパーの弁当で済ませたので夕方になっても、それほどお腹は減っていない。
「何を食べよう?津まで帰るか・・・・?」
「いやいや・・・・このままでは帰れまい。ちょっとほっこりもしたいし」
・・・・・・・・
「それなら、あそこしかないやろな!」

と、行ったのは昔からお世話になっている、右京区太秦の「ひし伊北店」
京都にいた頃からだから、もう20数年の馴染みの店です。
「あんまり、お腹は減ってないけど、せっかくやから何か食べたいねん。
今の季節らしいもの、何か適当に作ってんか?」
ここでは、いつもこういうわがままな注文をさせてもらっている。

しばらくして出て来たのが
f0140720_1845678.jpg

琵琶湖のモロコの甘露煮、流れ子、筍とイカの木の芽和え、筍寿司
お椀は、ふわふわ玉子と蕨の吸い物
f0140720_18472926.jpg

刺身は、鯛の松皮風、イカ、マグロ、車海老
f0140720_18501014.jpg

煮物は、筍、蕗、イイダコ・・・・
f0140720_19493677.jpg

天婦羅は、白魚、タラノ芽、ゼンマイ、ウド
f0140720_1952178.jpg

羹(あつもの)は、鯛の桜蒸し・・・・桜餅のように、道明寺に鯛の切り身を乗せ、桜葉を被せて蒸し、アンをかけてある。これは美味かった!
f0140720_19574094.jpg

おまけの毛ガニ
f0140720_1959395.jpg

毛ガニって、シーズンは何時なんでしょう?
筍ご飯
f0140720_200928.jpg

デザートは、桜餅アイスクリーム
f0140720_2005394.jpg

アイスクリームに桜餅の材料、桜の花びらを入れたらしい。

これ全部で、3000円!
いつもながら、リーズナブルな値段で贅沢を味わえる店です。
「ひし伊北店」
京都市右京区太秦森ヶ西町10
tel 075-872-4872
東映映画村の近く・・・・場所柄、俳優さんの常連が多いです。

食べ終わったら、何か生きる力が湧いて来たように感じられた。
まだまだ、生きねばならない。
大いに食べて、大いに動いて、健康で長生きしたい・・・・
「夏にまた来てください。大好物の鮎と鱧を用意しときますさかい~」
何年経っても、覚えていてくれているのは嬉しいです。
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-20 19:49 | グルメ

2010年の新作

Y's-Preciousの新作小物です。
これは、友人の作品です。
定番の携帯ストラップです。
f0140720_2435729.jpg

f0140720_2441650.jpg

これは、我が母校、同志社大学のエンブレムの携帯ストラップ。
既に、京都の同志社出身者にはブームになりつつあります・・・・・?????
f0140720_246519.jpg

これは、来月結婚する同級生の娘さんにプレゼントしたもの。
f0140720_2543659.jpg

真珠と七宝焼のコラボ・・・・
f0140720_257484.jpg

同じデザインのイヤリングもセットで
f0140720_2574166.jpg

ビーズのティッシュケース
f0140720_343648.jpg

f0140720_353388.jpg


デザインイメージ、色を指定していただけば、世界にたった一つのオリジナルアクセサリーを作ってくれます。
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-16 03:13 | Y's-Precious

踏切り

小さな電車が通る踏切りです。
f0140720_0431493.jpg

京都市右京区常盤・・・・新丸太町通りと嵐電北野線が交差する、常盤踏切り。
f0140720_0453252.jpg

16年前まで、この踏切りの近くに住んでいました。

少し前のことです。
今年の2月13日、ふと思い立ち、この懐かしい踏切りの街に出かけてみました。
16年も経つと、多少は街の様子も違っていました。
小さな本屋があったはず・・・・ここには電気屋があったはず、確か扇風機を買った・・・・
ケンタッキーとマクドナルドは昔のまま・・・・
小さなステーキ屋さんが・・・・あった、あった!
f0140720_0534368.jpg

ちょうど、夕食時・・・・何年ぶりかでドアを開けて入ってみました。
店の中は、以前と全く同じ・・・・ご主人は「いらっしゃい!」と言ったものの、私のことなど忘れている。
16年も経てば、それも当然でしょう。
f0140720_0583257.jpg
f0140720_0585037.jpg

さて、何を注文しようか?とメニューを眺めていると、
突然、ご主人が
「奥ちゃん、何する?いつものロース200gいっとくか?」と聞いてきた。
「わかる?」
「そんなもん、わかるさ!忘れるわけないわ!そやけど、久しぶりやなぁ?何年ぶりや?」
「16年になる・・・・」
「もう、そんなになるのか~今日はまたどうしたん?」
「急に、懐かしくなって食べに来たんや」
「えぇー?三重から来てくれたんかいな?」
まだ覚えていてくれた・・・・涙がこぼれそうになるくらい嬉しかった・・・・
実に美味しいステーキでした。
f0140720_18259.jpg

ミディアムレアでいただきました。
f0140720_1113497.jpg

この店のサラダは丼鉢に山盛りなのです。

京都にいた頃、野菜のほとんどはここで摂取していたようなものでした。
f0140720_1152987.jpg


何年経っても覚えてくれていた嬉しさと、美味しいステーキ&サラダで大満足でした。
f0140720_1195826.jpg

16年前、私は確かにこの街に住んでいました。

帰ってから写真の整理をしていて、気付きました。
私が、京都での生活にピリオッドを打ち、京都で過ごした最後の夜も平成6年2月13日でした。
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-15 01:15 |

おいしい蕎麦屋

庶民の簡単なお昼と言えば、うどんか蕎麦です。
しかし、そのうどん、蕎麦の美味しい店がなかなかないのです。

そんな中で、松阪市嬉野町の伊勢中川駅の近くにある「山もと」は津近辺ではなかなかの店でした。
値段は多少高めですが・・・・・
うどん、蕎麦は手打ちでコシがあって◎!
ざる蕎麦のツユは、ほどよくダシが効いている・・・・しかも薄過ぎず濃過ぎずで◎!
蕎麦をツユだけでなく、塩でも味わえる。
この塩で食べる蕎麦が、また格別です。
f0140720_20262397.jpg

ざる蕎麦に、三品の小鉢が付いた定食、「山膳」がお薦めです。
f0140720_2144510.jpg


この店のもう一つのお薦めは、味噌煮込みです。
私は最初「味噌煮込みの美味しい店があるから・・・・」と誘われました。
名古屋の某有名味噌煮込みの店のような馬鹿高い値段でなく、また芯が残ったようなカチカチのうどんではなく、美味しいです。
味噌煮込みがそれほど好きではない私が、毎回のように味噌煮込みを注文しているのです・・・・
この味噌煮込みにも「山膳」があります。
少し小さめの味噌煮込みになりますがご飯も付きます。
f0140720_20464354.jpg

鍋焼きうどんもあっさり味でなかなかイケます。
f0140720_20533397.jpg


三品の小鉢は日替わりです。
これを肴に、美味い酒を飲みたいくらいです。
f0140720_20483137.jpg

f0140720_20485495.jpg


店は住宅地の中にあり、少しわかりにくい場所です。
f0140720_20505648.jpg

店内は、今風の蕎麦屋さんです。
f0140720_2155386.jpg

12時過ぎは混んでいます・・・・

蕎麦「山もと」
松阪市嬉野中川新町4-20 tel 0598-48-3338
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-13 20:59 | グルメ

須賀利

尾鷲市須賀利地区・・・・尾鷲市の飛び地です。
山からすぐに海・・・・海からすぐに山・・・・
小さい頃、巡航船でこの集落を初めて見た時に私は
「須賀利は、家が山にこべりついとる」と言ったそうです。
まさに、その通りの集落です。
f0140720_13202412.jpg

リアス式海岸の深い入り江の奥にあります。
f0140720_1355272.jpg

f0140720_13213235.jpg

山の中腹に禅寺があります。
f0140720_13494110.jpg

その寺の境内から見た須賀利の集落
瓦屋根が折り重なっています。
f0140720_1352588.jpg

f0140720_13533235.jpg

ここは、長い間道路が通じていませんでした。
県道が須賀利まで通じたのは、ほんの30年前です。
それまでは、尾鷲港からの巡航船だけで外部と繋がっていた「陸の孤島」でした。
集落の中の道はクルマには対応していません。
f0140720_13373563.jpg

f0140720_13421730.jpg

f0140720_13423723.jpg

こんな郵便局がありました。
f0140720_13555799.jpg

今も、一日に4往復ほど巡航船は残っています。
巡航船なら尾鷲から25分です。
クルマなら紀北町海山区経由となり1時間ほどかかります。

「日本の村100選」に選ばれたとかで、訪れる人が少し増えました。
スケッチブックを持って歩いている人もいました。と、言っても観光地というには程遠いです。
小さなカメラを片手にのんびりと、ぶらぶら歩きしたい村です。

                                            LUMIX GF1で
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-10 13:34 | 小さな旅

おいしいもの・・・春

桜咲く、この時期の大好きなものをいくつか・・・・

ホタルイカの酢味噌和え
本当は、やっぱり生で刺身で食べたいところ・・・・
f0140720_10393576.jpg

タラの芽の天婦羅
言うまでもなく山菜の王様
f0140720_10404189.jpg

若竹煮
もう少し薄味の方が・・・・いいかも?
f0140720_10412149.jpg

蕨のおひたし
文句無しに美味しかった!
お出汁が絶妙・・・・後で、飲んでしまいました。
f0140720_1042879.jpg

あさりの酒蒸し
亡き父の大好物でしたが、プロの技は一味も二味も違います!
f0140720_1043219.jpg

蕗のおひたし
適度のシャキシャキ感があり絶妙でした!
f0140720_10441129.jpg

若竹の木の芽田楽
久しぶりに食べた筍の田楽・・・焼き加減が難しい
f0140720_1045269.jpg


津市大門の「藤くら」で・・・・
「藤くら」は、津では珍しい私のお気に入りの割烹です。
何を注文しても、まず間違いはありません。
ご主人は元国鉄職員とかで、いわゆる脱サラ組ということですが、仕事がていねいという印象です。

和食庵「藤くら」
津市大門9番2号 tel 059-229-5081
津都ホテルの北側の細い道を少し東に入ったところの2階。
[PR]

by express-vavi1208 | 2010-04-07 11:19 | グルメ